人の寿命、本来は120歳まで生きられる。

寿命について考える

人の寿命はどのくらいなのでしょうか?

固体が寿命に至る前の状態、つまり、新生児として生まれ出た瞬間から人の寿命までの間に起こる、寿命への接近過程が「老化」です。
老化の期間が長いと、それを「長寿」と呼ぶし、早く起これば「短命」です。
すなわち、老化の速度を落とすことに効果があることを見つけ実践すれば、人の寿命は延ばすことができるのです。

加えて事故に遭わないよう予防すれば長寿を全うできるのです。
人間の場合、事故がなく、長寿を得る努力を加えれば、120歳が限界寿命であることが判っています。

2009年に発見された、免疫抑制剤「パラマイシン」の本来効果でない効果である「不死現象」を取り入れた場合15%程度寿命延長が見込まれるので、人の寿命は140歳程度まで延長できる可能性があります。
また、この薬品が表す「不死現象」の仕組みが正確に解明されれば、理論上「人の寿命」がなくなるのです。

しかし現在は人の寿命延長を目的とした人体への「パラマイシン」の使用は行われておりません。
免疫用製剤としての使用に限っています。
ラットを用いた実験は進んでいます。

細胞の自殺「アポトーシス」へ話を戻します。

アポトーシスは個々の細胞が構成する固体の成長のために行われます。

2種類の場面があります。
カエルを例にすると、オタマジャクシの尻尾の消滅は尻尾を構成する細胞のアポトーシスにより実現しています。
「人」であれば、母の子宮で発生するとき、胎盤を作り成長しますが、この時、一時的に「人」に不要な器官が発生する時期があります。

たとえば指の間の「水かき」や「えら」は人には不要です。この部分はアポトーシスにより消え去ります。
すなわち、固体の発生段階で激しく行われるアポトーシスが固体本来の姿を作るのです。
もう一つのアポトーシスは、その固体の生涯にわたって行われるアポトーシスです。
この現象を私たちが見える状態で知るのは、「新陳代謝」です。
アポトーシスは全細胞で行われていますが、皮膚細胞に限っては、見ることができるのでよく知られています。
「垢」や「ふけ」がこれの死骸です。
アポトーシスが行われても生体が残っているのは、個々細胞が細胞分裂していて、アポトーシスの時刻までその細胞が生体を構成しているからです。

つまり、私たちは、母から生まれてきた時の体ではありません。
全体として幾度も新替えが行われています。

細胞分裂により、新しい細胞で体は構成され、古い細胞がアポトーシスすることにより、新陳代謝が行われているのです。

発生時のアポトーシスと老化過程のアポトーシスです。