ヘイフリック限界~事故死以外の死はなくせる可能性がある?

ひとつ前の記事でお話したとおり、分裂可能回数を「ヘイフリック限界」と呼んでいます。
テロメラーゼの活性がこの回数を決めます。
最後のアポトーシスが「ヘイフリック限界」なのです。

この「ヘイフリック限界」を消滅させる研究がすすんでいます。
研究は大きな障害もなく進んでいるそうですから、展望は明るいです。

しかし、「ヘイフリック限界」の延長による「不死化」は新陳代謝を終了させないことであって、事故との遭遇に対応する研究ではありません。
真の不老不死を求めるなら、並行して病気を撲滅する必要があります。
つまり、癌をはじめとするあらゆる病気の罹患、怪我、固体の自殺(メンタル系の疾患など)を免れる研究ではないのです。

研究

人が「不老不死」を得るには、合わせて、社会科学について深く研究する必要があるのです。

特に、「ヘイフリック限界」の延長、若しくは、消滅が病変を意味することも判っています。
「癌」がこれです。
癌細胞はアポトーシスが起こらないのです。

毒液を製造しないタイプの癌細胞でも、無限に増殖するのですから、生体に大きなダメージを与え続けるので、放置すれば確実に個体死が起こります。
さらに具合の悪い癌細胞は毒液を製造しながら無限増殖を行うタイプもあります。
こちらのタイプの方がより危険です。

人の正常細胞とテロメラーゼを関連させて「不死」を狙うことは、前述通り、社会科学の発展研究を並行して行い、かつ、疾病、怪我に対する医療研究も必要です。
しかし、テロメラーゼと癌細胞を関連させた研究は、疾病が社会に与える負担(保険制度をはじめとする福祉関連費用)、
患者の苦しみを著しく軽減させる研究ですから、人類に有益な研究としての優先順位は、
「不死化」より「癌撲滅」の方にプライオリティーがあると考えます。

体表面の健康も「老化」を語ります。
皴、角質などの皮膚の老化は、特に女性では「アンチエイジング」の標的です。
皮膚に起こる老化こそ、アポトーシスの現実を物語っています。

皮膚とされている組織層は、表面から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層です。
このうち、「表皮」が見える層ですから、見た目として、ここをなんとかしたいものです。

「表皮」はさらに4層に分けています。
表面から、「角質層」、「顆粒層」、「有棘層(ゆうちょくそう)」、「基底層」です。

この表皮は下の基底層から細胞が分裂、アポトーシスが行われ、死亡過程の細胞が表面へ上がって行きます。
したがって、角質層はアポトーシス完了組織ですから、剥がれ落ちます。
「垢」です。
しかしながら、角質層が死亡組織であっても、体個体の仕組みとしては機能していて、
剥がれなければ身体を外部環境から守る役目が残されています。
可能であれば取り除かない方がいいのですが、死亡組織であるため、代謝がありません。
つまり、細菌が繁殖しても細菌を攻撃しません。
身体内部を守りはしますが、皮膚疾患や、他の固体への感染源となり得るのです。