細胞「自殺」のプログラム

「「新陳代謝」を減らせば、周期を長くすれば固体の寿命が長くなる。」

これは現実を見れば大きな疑問です。

そもそも「アポトーシス」がなぜあるのかをおさらいする必要があります。
それは、減少と増加の辻褄を合わせる仕組み、つまり、「新陳代謝」の仕組みです。

新陳代謝は、その固体の健康維持のためにある現象ですから、固体のトータル寿命が短くなる現象であっていいはずないのです。

「健康」により、「事故死」を減らす役目が新陳代謝です。

事故とは感染などの病気や怪我、悪性新生物(癌)等で死亡することを言います。
このリスク軽減のため獲得した現象がアポトーシスなのです。

生命の「自殺」による死はこのアポトーシスで、「プログラムされた死」とも表現されています。
「発生」と「新陳代謝」に必要な細胞の死であることを説明しました。

もう一つの細胞の死があります。
これは、以前にお話しした、「老化」による生存力の消滅です。
この死は、残念ながら私たちの体を構成する細胞はほぼすべてに起こります。
すなわち「寿命」です。

アポトーシスがない細胞もあります。
「ES細胞」がこれです。
これを人工的に作ることに成功した細胞が「iPS細胞」です。

自殺する細胞と自殺しない細胞は役目が違っています。

自殺する細胞は体を構成する細胞です。
自殺しない細胞は、身体を構成する「自殺する細胞」を作る細胞です。
あるいは、その「自殺する細胞」に変化し、身体の構成細胞となる細胞です。

つまり、体のあらゆる組織に変化することができる細胞で、その固体が発生する初めから存在する細胞です。
受精卵がこの細胞です。
ようするに、自殺しない細胞の役目は、子孫を残すために存在する細胞で、すなわち遺伝子を未来につなぐための細胞ですから、「死ねない」のです。

発生し成長時に遺伝子が何らかの理由で変化するか、雌雄遺伝子の混合により新しい組み合わせが起こり、
それが生きる環境に適応しておれば将来に残りうるし、不適であれば死亡し残されません。
常に環境に適応できる者のみが次の「ES細胞」を残すことができます。

それが「進化」です。

さて、このプログラムの死の仕組みとはどのようなものでしょうか。

細胞とプログラム

それは、細胞分裂の回数限界のことです。

人等では、ES細胞以外の細胞はすべて分裂できる回数に限界があります。
つまり、限界に達したところで「新陳代謝」が不能となるのです。
減るだけに陥り、固体生命を維持できない細胞数となったとき、事故でない「寿命」となるわけです。

細胞分裂は遺伝子の複写が行われて2組となり、それぞれを包む細胞となって分裂します。